宮城県|羽子板は日本特有の美の象徴

【無料の企業PR広告】
■該当件数2件 | <前へ | 1 | 2 |
TOP > 宮城県 > ファームネット(曽根人形)

羽子板は日本特有の美の象徴


羽子板はその歴史を江戸時代の後期にまで遡ります。羽根と「はねのける」を掛け、邪気や悪いものをはねのけ、女の子が健やかに成人するようにという願いを込めたもので、優雅で加齢な装飾が施されている、お正月用の飾り物です。まだ子供の死亡率が高かったころ、厄除けとして飾り、子供の健康を願ったというわけです。
そういったものですから、ぜひとも良いものを選びたいというのは当然です。曽根人形の製品は、節句人形工芸士の称号保持者の中でも技術力の高い「匠一好」によるもので、安心してお勧めできるものとなっております。